アジア ベトナム 旅のブログ

メコンデルタの町ベトナム・カントーで、敢えて不便な川向うの宿に泊まる。

投稿日:2019-11-30 更新日:

サワディーカップ!ミャーです。リアルタイムでは引き続きバンコク。予防接種接種のために滞在しているわけですが、3回目にして打った注射は計10本!ついに黄熱病の予防接種も受けて、

イエローカードをゲットしました!

これでアフリカでも南米でも、行けるようになったわけです。副作用に備えて経過観察期間をとって、12月4日にスリランカへ飛ぶ予定なのですが、

黄熱病の副作用は、接種1週間後に出ることもあるので油断できません。

免疫力を高めるべく、タイの美味しいものを鋭意接種中です。さて、ブログはベトナム、ホーチミンからカントーへバスで向かうところからです。

カントーはベトナムでも美食の町

という断片的な話を耳にしているけれど、具体的な情報はなく、期待と不安が入り混じってのカントー入りです。


ブログ村ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると、ポイントが上がる仕組みです。ブログを続ける励みになるので、1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑↑↑このバナーです。怪しいサイトには飛びませんので、ご安心ください

にほんブログ村


ホーチミンからカントーは、バスで3時間半。

11月13日(水)、午前11時のバスでカントーへ向けて出発です。ホーチミン・カントー間のバスには色々あるようだけど、わたしはシン・ツーリストで教わった、ここに直接出向いて買いました。

2軒並んでいますが、左側の車庫に机を置いたような方が、カントー行きです。

140k(658円)で、中心街から少し離れているので、歩けないことはないけれどちょっと不便。「10時20分までには来ておいて」というので早めに行くと、10時15分くらいに車に乗るように言われ、10時20分には出発。

小さいバスだなぁと思っていたら、しばらく走った郊外でバスは止まり、

キティちゃんバスに乗り換えになりました。どうやらこっちのバスが11時出発みたいです。危ない危ない。そしてこれが、

噂に聞いていた、昼なのに寝台仕様のベトナムバス!

両窓側と中央の3列で、上下2段の個室がカプセルホテルのように並んでいます。

こんな席で、大変リラックスして車中過ごせるのですが、

慣れないものだから座るとき頭をぶつけて、盛大にたんこぶを作りました。

皆さまお気を付けください。

ベトナム語を突破できずに、まったく使えなかったディスプレイ。でもUSBで充電できるのは嬉しいです。

↓キティちゃんバスに乗り換えたのは、こちら。ここから西部各方面へのバスが出ているようです。

1回のトイレ休憩を挟んでバスは順調に進み、もうすぐカントーの街へ入るという所でお願いして降ろしてもらいました。幹線沿いの、日野自動車の代理店以外は何もない場所に、ポツンとひとり。

ここが今回宿泊するホテルから指定された、ピックアップ・ポイントなのです。

敢えて不便なホテルに泊まってみました。メコン・チル・ホームステイ/Mekong Chill Homestay。

今回のカントー3泊の宿は、カントーの市街地からハウ川を挟んだ対岸にあるメコン・チル・ホームステイ。

町に出るにも帰るにも、船を呼ぶ必要がある。

しかもそれには毎回お金がかかるという、なんとも不便な宿なのですが、船で街に出かけるというシチュエーションがメコンデルタの町っぽくて楽しそうだったのと、予約サイトに載っていた写真の、

川に面したプール越しの夕日が綺麗

だったので、敢えてここを選んでみました。3泊で972k(4568円)なら、別料金の船代を払ってもオトクにリゾート気分を味わえるという目論見です。

この宿には船以外にもバイクで行く方法があって、ホーチミンからのバスを降りた場所に、バイクで迎えに来てもらいました。

※道が細すぎて通れないので、車では行くことができないホテルです(笑)

超ローカルな集落の中を通り抜け、知らなきゃ絶対辿り着けない裏道をウネウネ行くと、ようやくホテルへ到着。緑豊かな敷地に、2部屋続きの平屋が数軒建てられています。

写真からイメージしていた、プール付きのリゾート・コテージというよりは、

もう少し設備がラフで、庭木は野生に近い感じでした(笑)

部屋はかなり広くて、なかなか清潔。エアコンも効くし、

個室トイレ・シャワーもあってお湯も出ます。小さい冷蔵庫もあって、これで1泊1500円程度なのは、なかなかオトク。

但し町へのボート代に、1日500〜1000円程度見ておく必要があります。

チェックインを済ませ、ホテルで用意できるカントー観光プランの相談や、情報が無くて心配していたカントーからカンボジアへの移動も全部手配できるというのでお願いし、そろそろ日が傾いてきたので、プールへ向かいます。

宿の庭にある船着き場。対岸に遠く見えるのが、カントーの町です。

スイカシェイク25k(118円)を作ってもらって、プールサイドのベンチに寝そべります。予約するときに見た写真では、プールに入って夕日を眺める素敵な光景でしたが、

実際はプールに色々浮いていて、水に入るのはムリ!

まあ、40過ぎたオジサンがプールに入っても何も映えないので、構いませんのです。

それでもメコン川に沈む夕日いうのは、心を惹きつける不思議な情緒を伴っていて、実際に肉眼で見ると上の写真なんかとは全然違い、

はっきり、くっきりとした輪郭を持つ、赤く大きな太陽が沈んでゆく。

思わず見とれる素晴らしさでした。

iPhoneだとこれが限界。実際はもっともっと、燃えるような夕日でした。

ホテルで1人BBQ。

実はこの日は朝からちょっと通風気味で、足を引きずりながらの移動でした。せっかくならカントーの町へ繰り出したい所ですが、自重しておとなしく宿飯をお願いし、選べる中から口コミで評判の良かったBBQ(チキン)150k(705円)をチョイスしました。

七輪に炭火が赤々と熾きて、

タレに漬かった鶏肉がドーン!

500g位あるんじゃないでしょうか。

肉が分厚いものだから、火が通るのをジックリジックリ待って、いただきます。

驚くほど柔らかく、味も良いのですが、いかんせん焼くのに時間がかかってインターバルが長いのと、

しまいに途中で炭が弱くなって焼け無くなったりと、

食欲を邪魔する要素が多くて残念。お米のクオリティも残念でした。そして何より、

通風気味だからBBQなのにビールも飲めないのが一番残念。

という痛恨のシチュエーションなので、早々に切り替えて翌日のカントー町歩きに備えたのでした。

次回予告

1夜明け、通風もおさまり、朝から船に乗ってカントーの町へ繰り出します。美食の町との噂を確かめに、まず食べたのはカントー名物フーティウ。そして米麺を編み込んだバイン・ホイ入りの手巻き春巻き!初日から美味しい、カントーです。


↓ブログ村ランキングへの応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-アジア, ベトナム, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.