アジア 台湾 旅のブログ

台湾4日目:野菜まんと、台湾おにぎり食べ比べ 2019.4.27

投稿日:2019-04-30 更新日:

平成も今日で最後ですね!リアルタイムでは現在、台湾の嘉義。午後には台南に入ります。

さて話は遡って、台北3泊4日最後の朝ごはん。困りました・・・。食べ残したものがまだ結構ある。そもそも、なんで台北が3泊だけなの?っていう話ですが、勿論フィリピンの英語学校入学に間に合うスケジュールを組んでいるということと、もうひとつ。

超特大GWの前に、台北を脱出する。

これです。10連休初日、おそらく台湾を訪れる日本人は多いだろう。特に台北はすごいことになるんじゃないか。そう予想したうえで、

「働きもせず喰ってばっかのお前が、邪魔するんじゃないよ。」

言われたわけじゃないけど、心の隅の罪悪感があってですね・・・。という訳で、昼から台中へ移動するので、悔いの無いように台北を食べきります!

台湾13食目:極品光復素食包子店の「野菜まん」

MRT(地下鉄)板南線で國父紀念館へ降り立つと、

台北101がすくっと聳え立っていました。初めて見た!

お店は中山公園の南側。店名にある「素食」というのは、中国語でベジタリアン料理のこと。つまり、ここの包子は全て野菜のみというお店なんです。

日本語メニューもありました。全種類が揃っているわけでもないようで、一番食べたかった「インゲン豆まん」は無かった!食べたい順に指差して、有るか無いかを聞いていたら、

2個のつもりが、3個注文したことになってた。

まるで魔法のようですね。

土曜日の朝、中山公園のまわりをジョギングする人、犬を連れて散歩する人。皆さん思い思いの休日の朝を過ごしています。なんて爽やかな朝でしょう。

1個目は「キャベツまん」

割るとこんな感じ。キャベツみっちり!

肉汁ならぬ、野菜汁が溢れ出ます。キャベツの甘みが出てて美味しい。

野菜だから、もの足りないなんてことは、一切ありません。うまいよ、これ!

続いて、「たけのこまん」。竹の子は大好物ですからね、期待が高まります。

写真を撮って、さぁ喰うぞ!というときに、散歩しているおじちゃんが声をかけてきました。

「★◇%#$$&□ 好吃!」

ハオチーだけ、聞き取れましたよ。

「おお、そこの野菜まんは旨いんだ!おれも大好きだよ」

この訳で間違っていないでしょう。

「今1個食べたけど、本当に美味しいね!おれも好きになったよ」

という気持ちを込めて、「好吃好吃!」と返します。

向こうも、「好吃好吃!」と再び。3回程繰り返して、開放していただきました。

冷めるじゃないですか!!!

まあ、それだけ人気があるということでしょう。タケノコは柔らかく煮てあり、こまかく刻んであるので、包子との食感のバランスも最適。これだけのタケノコを、口いっぱいに頬張れるだけで、幸せ。

ラストはこちら、「からし菜まん」です。No.1メニューらしいです。

これまた、噛むほど野菜の旨味汁がじゅわーっと。

いや、ホント旨い。どれも旨いけど、これが一番ですね。各1個25NT$(91円)、しっかり大きくて、これだけ旨かったら安いと思います。そして、3個も食べてしっかり腹いっぱいだけど、気持ち悪くならないのも、野菜だからこそ、ですね。

すぐ近くの「光復市場」。その場外で、温泉玉子ならぬ、温泉皮蛋を発見。

ノリのいい夫婦(たぶん)だったので、つい1個購入。

「結婚してから、だんだん似てきたよね、あんたたち。」

って言われません?

皮蛋を丸のまま1個食べたのは初めて。やっぱり切ってちょこっとずつ食べたほうがいいですね。うまかったけど。

台湾14食目:飯糰霸の「招牌總匯飯糰」

台湾おにぎりも、前回食べ逃している名物グルメ。行列のできる人気店同士が、2軒近くにあるというので、昼ごはんに食べ比べします。

まずは、ここ。なんて読むんでしょう。飯糰というのが、おにぎりっぽいです。店の看板メニューであり、全部盛りの招牌總匯飯糰50NT$(181円)をオーダー。壁を指差せばいいから簡単。

作り置きじゃなくて、オーダーごとに目にも留まらぬスピードで作っていきます。おにぎりよりも、海苔巻きに近い作り方ですね。

日本のおにぎりの2個分はある上に、米はモチ米です。ズッシリ!

具材がこれでもかー!と入っています。

油條なんかも入っているので、サクっと食感も。台湾式の甘いマヨネーズが結構効いています。甘いの大丈夫な人は、大好きじゃないかな。

台湾15食目:青島飯糰の「紫米綜合肉鬆」

もう1軒はこちら。白米と紫米が選べますが、どっちにしてもモチ米です。こちらもやはり全部乗せの「綜合」を紫米でいきます。45NT$(163円)。

作り方は基本一緒。こっちは米の内側に玉子焼きの層をつくって、その中に具材を巻いていきます。肉のデンブ的なものが、味の鍵になります。

みっちり。やはり日本のおにぎり2個分くらいありそうです。ということは、さっきのと合わせて4個分?好きでやってんだから文句は言えませんが、やや修行じみてきました。

それでも、腹いっぱいなのに、旨いですこれ。

口の中でいろんな味が混ざり合って、賑やか。甘さが無い分、こっちの方が好みです。

台北3泊4日で15食!

これだけ食べれば充分でしょう。台北は目が回るほど食べて食べての繰り返しだったけど、今回は特に、朝ごはんに美味いものが多かったです。次は前旅でも行かなかった未知の街、台中!事前情報ほぼゼロ!美味い出会いは待っているんでしょうか。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よかったら1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村

-アジア, 台湾, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.