旅のブログ 日本

京都2日目 ぜいたくな一日 2019.4.5

投稿日:2019-04-06 更新日:

ついに行けた!瓢亭の朝粥

京都のめしが美味すぎて、旅立ち間もなくここに住みたくなっている、ミャーです。

2日目の朝ごはんは、今回の京都の目的2番目、瓢亭さんの朝粥です。グルメ漫画「美味しんぼ」21巻で紹介されたのが1989年、わたしは中学生でした。なぜか強く印象に残って「いつか食べたい!」と思いながら、未体験のまま30年が経ってしまいました。昨年には日比谷ミッドタウンに出店したので、東京でも食べられたんですけどね、、、なんとなく京都で食べたかった。

朝粥4500円、これと別に料理一式と吸い物がつきます。

味は想像していたより更に優しくて穏やか。文句のつけようもなく美味しかったです。改めてめしレポを書きますが、中庭を観ながらの絶品お粥、朝からとんでもなく贅沢な時間でした。ちなみに本館も隣にありますが、1名だと別館しか予約できないらしいです。

↓瓢亭HP

http://hyotei.co.jp/

桜を観て、お昼

平安神宮の桜も有名ですよね。桜が観れる庭園は入園料600円が必要でした。

有名な枝垂れ桜は、やはり綺麗でした。満開まで一歩手前だからかもしれませんが、桜で埋め尽くされるような感じではなく木1本1本を観る造りになっていて、好みで言えばもっと迫力があるのが好きです。

歩いたり休憩したりしているうちに、すぐお昼に。昨日の夜に行ったらもうしまっていたお店「CHIERiYA」さんへ。

おばんざいプレート900円

メイン1品を選べて、おばんざい9品が付きます。それに味噌汁と発酵玄米。おばんざいは、ちょこっとずつだけど、どれもひと工夫してあって、美味しい!菜花にかかっていたピンクのソースは酸味が効いておいしいけど、何で作っているのか全く想像がつかず・・・聞いてみてびっくり。苺と新生姜とレモンと云々・・・。多分、料理が好きなんでしょうね。手間と原価を考えたら、普通はやらないと思います。メインで選んだ鯖の塩焼きも香ばしくジューシー、上手に焼かれています。

料理もよかったけど、店の雰囲気が素晴らしい。食後に焼き菓子をとってゆっくり本を読む若い女性や、お弁当のテイクアウト待ち時間に読み聞かせしている親子。平日の昼だけど、時間がゆっくり流れて、こんな店が近くにあるだけで、生活が豊かになりそう。

【食べログ】チエリヤ CHIERiYA

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26022748/

昼寝・風呂・ビール

昨日は歩きすぎ、動きすぎたので、一旦宿に戻って昼寝です。夕方に起きて銭湯へ。

入湯料430円

宿にはシャワーしかありませんが、周囲に銭湯がいくつかあります。ここは銭湯絵もないし特に凝った造りは何もありませんが、ジャグジー風呂やサウナがあります。ともあれ、日のあるうちの銭湯は最高ですね。働いている皆さん、すみません。

風呂からでたら、ゆっくり街をひやかしながら、夜ごはんのお店へ。ここも昨日満席でフラれたお店。今日は念のため予約しました。驚いたのはお店の方の対応。携帯の調子が悪くて、最初かけた電話は話ができず切れたのですが、折り返し電話をもらえました。店に行くと、昨日のことも覚えていてくれて、ちょっと嬉しい。

一汁三菜 800円、エビス生500円

夜はアルコールメニューも充実しているけど、メインは定食。とりあえず風呂上りの生ビールをお願いして、至福のひと口目。たまらん!

食事は一汁三菜800円をオーダー。今日は桜ごはん、味噌汁、アスパラとブロッコリーのおひたし、甘辛くしたコンニャク、そしてメインが豚とうすい豆の塩煮。どれも出汁がよく聞いて美味しく、桜の塩漬け、うすい豆(グリーンピースみたいな豆)など春いっぱいの献立です。豚もも肉の食感が今まで食べたことないものでした。普通煮たら硬くなるんだけど、噛み応えがありながら、しっとり柔らかく、その割に豚肉の中まで味がしみている。聞いてみると塩糖水(えんとうすい)という塩と砂糖を混ぜた水にひと晩漬けて、翌日熱々の出汁に着けて余熱調理しているそうです。ネットで見たら出てきます、塩糖水。

これは、ぜひ自分でもやってみたい。けど、暫く機会なさそうだなあ・・・。

店内はゆったりと落ち着いてぬくもりがあり、庭もある贅沢な空間。女性の店主さんのセンスの良さと優しい性格が感じられます。こちらが心配になるくらい、お値段もやさしい。予約してでもぜひ行ってみていただきたい、超おすすめ店です。

↓【食べログ】まつは

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26023607/

さあ、明日は朝から京都に来た一番の目的です!楽しみ~。

↓ブログランキング参加中。よかったら1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村

-旅のブログ, 日本

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.