アジア ベトナム 旅のブログ

美食の町カントー② 影の実力派!バイン・ホイを楽しめる手巻き生春巻き。

投稿日:

前回の記事は、カントー実質初日の途中で終わってしまったので、初日の夜ごはんに“手巻き生春巻き”を食べるところから再開です。その生春巻きには、バイン・ホイ/Banh Hoi というカントー名物がセットになっているのですが、

カントーに行くまで聞いたことがなかった、バイン・ホイが予想以上の実力派!

フーティウに引き続き、充実のカントー初日となりました。


ブログ村ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると、ポイントが上がる仕組みです。ブログを続ける励みになるので、1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑↑↑このバナーです。怪しいサイトには飛びませんので、ご安心ください

にほんブログ村


カントー名物バイン・ホイ入りの手巻き生春巻き!@Grilled Sausage Thanh Van。

カントー名物料理を調べていたら、フーティウ同様に米麺を使った名物、バイン・ホイ/Banh Hoi というのがあるみたい。でも食べられる店がなかなか見つからず、カントー実質初日の夕方に、

春巻きが美味しそうだからと入ったこの店で、偶然食べることができました。

ベトナム名物生春巻き。そしてカントー名物バイン・ホイ。名物同士のなかなか良い組み合わせです。

英語がほぼ通じないお店でしたが、メニューには英語表記がありました。一番上の55k(259円)のセットに、揚げ春巻き1個6k(28円)を追加しました。

先にドーンと生野菜セットが出てきました。7種類ほどの野菜とハーブが山盛りで、

ちょっとヌルヌルするのが怖いけど、気がつかなかったことにしましょう。

ここまできて引き返すわけにはいかないのです。他に水戻ししていないライスペーパーと、ソーセージにバイン・ホイも来て、いざ!なのですが、

いまいち食べ方が分かりません。

迷っていたら、店のオバチャンが見本を見せてくれました。

まず取り皿にライスペーパーを置いて、ハーブ類をバランスよく配置します。

そしてバイン・ホイと野菜や別添えのなます、ソーセージをオン!つまり卓上にある素材は全て入れてしまって、

もちろんビニール手袋なんかなくて直です(笑)

巻き巻き!

ベトナム語でまくし立てる説明はさっぱり分からないけれど、従順に頷いて作業を見守ります。

出来上がった生春巻きは、ぎっしりと中身が詰まって、なかなかのボリューム。

小皿の発酵調味料のタレにつけて食べると、

ライスペーパーに抑えられていた色んな味が、口の中で広がって美味しい!!

日本でベトナムの生春巻きというと、野菜と海老のさっぱりしたイメージでしたが、これは炭水化物も肉も入って、食べ応えがあります。

そしてソーセージの下に敷いてある件のバイン・ホイ。極細の米麺を網のように編んだシートが、食べ易い大きさにカットされています。

お米らしく、食べ進めると確かにしっかりと腹持ちするのだけれど、ふぅわりと編まれたその食べ味はあくまで軽く、網目状だから他の食材やタレとの絡みも抜群に良い。

もしかしてこれ、かなりスゴい食材じゃないですか。

途中で味に慣れてきたら、辛いのを加えてアクセントにしたり、具材をわざと偏らせてバリエーションを作ったり、出てきた中でもかなり自由に楽しめます。最後のライスペーパーを食べきって、

気づけばあれだけあった野菜とハーブも、あらかた無くなりました。

野菜やハーブを山盛り食べられて、主食無しでも夜ごはんとしてしっかりお腹いっぱいになって、満足度の高いこの生春巻きの、

陰の立役者はバイン・ホイ。

うーむ、やるなあ。カントーは美食の町という噂、だんだん信憑性が増してきましたよ。

※野菜がヌルヌルしたけれど、結局その後もお腹の調子はすこぶる好調でした。個人差があると思いますので、もし行かれる際はご自身でご判断ください。

 

生春巻きの後は、夕方から開かれるカントー・ナイトマーケットで軽くツマもうと思っていたのですが、

いかんせん生春巻きがズッシリ腹にたまって、これ以上は厳しい。

こういう沢山の種類の串物を、焼いたり揚げたりする店が大半で、意外とバリエーションがないのも諦めた要因です。お腹に余裕があれば、

ビールを買ってきて、串物と一緒に川を見ながら夕涼み。

なんていうのもやりたかったです。

 

結局そのままボートを呼んで、川からカントーの夜景を眺めながら、おとなしくホテルへ帰ったのでした。

次回予告

カントー観光の最大の目玉といえば、メコンデルタの水上マーケット。ホテルで手配できるツアーは1人参加だと割高だし、町の船着き場でも交渉してみたけれど、結構高い。

それなら自分で水上マーケットの前まで行って、その場で船を探したらもっと安いに違いない!

と考えて自力で行ってきました。これが思いのほか良かったので、次回レポートします!


↓ブログ村ランキングへの応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-アジア, ベトナム, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.