フィリピン 旅のブログ

フィリピン日常ご飯。フィリピン流“定食”シログについて。

投稿日:2019-06-24 更新日:

6月24日(月)、本日44歳の誕生日を迎えてしまいました。

歳とっちゃって、いやぁーねー。

と思いますが、米寿までまだ折り返し地点。前向きにいきたいと思います。ちなみにフィリピンの誕生日ケーキについて、一言申し上げたいことがあり、改めて書きたいと思います。

さて今日のお題についてです。

幸せな日常食を探求する「めし旅」的には、ローカルの人が日々何を食べているか常に気になります。今回は、学校周辺で

フィリピン人先生が実際に、よく利用している日常使いの店

且つフィリピンにおける定食的な位置づけのシログ(Silog)のお店を2軒ご紹介します。

目玉焼きの半熟具合がたまらない、Atoy's Pork Chop。

ある日曜の朝ごはん。何だかんだ声をかけあってたら7人の大人数になって行ったのが、こちらのアトイズ・ポークチョップ(Atoy's Pork Chop)。フィリピン人英語教師のなかでも、男性陣がよく利用しているご飯屋さんです。

店名にPorkchopとありますが、ポークチョップ専門店というよりも、シログ(Silog)というオカズとご飯がセットになった定食のお店です。ポークチョップやソーセージ、タパ(Tapa)というフィリピン流ジャーキーなどのオカズを選ぶと、自動的にご飯と目玉焼きがセットになって提供されます。

値段は70~80ペソ。今回はチキン・ロンガニーサ75ペソ(159円)をオーダー。カウンターで注文し先払い。席に着いて料理が届くのを待ちます。

カウンターの脇から厨房が覗けました。

まー、なんてシンプルな調理場でしょう。

メニューの種類は8種類前後。基本的にフライパンひとつで出来る料理ばかりなので設備も最小限で済むのでしょう。

チキン・ロンガニーサ・シログが到着。

目玉焼きの焼き加減、パーフェクトです!!

外側はカリっと火が入り、黄身は生に近い半熟。割るとトロリとご飯に沁みていきます。

フィリピンで玉子かけご飯は恐くて食べられませんが、それに近い味わいを提供してくれるのは嬉しい。フィリピンの醤油や酢をかけて食べると、それだけでご飯を食べきってしまいそう。

それにしても、半熟玉子がトロ~っと流れ出る感じは、世界共通の好みなんでしょうか。

世界のどこかには「半熟なんて気持ち悪い!」っていう地域もあるんですかね。この店の焼き加減は、紹介してくれたフィリピン人先生も大好きだと言っていたし、フィリピンでは他の店でも半熟玉子をよく見るので、フィリピンでは好まれているとみて良さそうです。

ちなみにロンガニーサはソーセージのこと。

今日たのんだのはチキンのロンガニーサなので、あっさり目の味わい。スーパーでも冷凍のチキン・ロンガニーサは定番で売っていますが、それと同じようなものだと思います。

品揃え豊富なシログ屋「BENTLOG」

Atoy'sの向かいにあるのが、こちらの定食屋ベントログ(BENTLOG)。席数はAtoy'sより少ないですが、メニューの品揃えが豊富。

なんと、36種類!概ね30~40ペソで食べられて、値段も安い。

注文すると、カウンターの向こうのオープンキッチンで料理してくれます。

厨房というより、まんま家庭のお台所。

ガスレンジ2台でテキパキと調理。

わたしは40ペソ(85円)のダイナマイト(DYNAMITE)、ヤゴウさんは70ペソ(148円)のリエンポシログ(LIEMPOSILOG)をオーダーしました。

木のお皿が、カフェ飯っぽくないですか?

ご飯も玄米っぽい見た目だし、これにグリーンリーフサラダでも乗っていたら、代田あたりのオーガニック・カフェみたいですね。勘違いされないように念を押しておきましょう。

ここはフィリピン郊外住宅地の、ど・ローカル食堂です。

DYNAMITEという名前が気になって聞いたら、ロングチリ(伏見唐辛子みたいな見た目で、まあまあ辛い唐辛子)を使っていると言っていたのですが、まさか唐辛子だけ春巻きにしちゃった?と思ったら、

ロングチリの中に肉や野菜を射込んで、それを春巻きの皮で包んで揚げたものでした。

ピリリと辛い唐辛子を、油と優しい味の肉餡が和らげて、これは美味しい!

目玉焼きはAtoy'sの焼き加減にはかなわないものの、しっかり半熟で、ご飯が進みます。パッと見シンプルすぎてもの足りないように見えるかもしれませんが、

日常のご飯としては十二分に満足。

セブンイレブンのレンチン弁当より安くて、はるかに高いクオリティ。

40ペソとは思えない、ひと手間加えた料理は嬉しくなります。

ヤゴウさんが食べたリエンポ(LIEMPO)は豚バラの意味。バラ肉を漬け込んでから焼いた料理で、味付けも食感も絶妙だったそうです。

どちらもそれぞれ、良い所があるAtoy'sとBENTLOG。フィリピンでは、どの町にもこういうローカル食堂があって、日々のご飯を提供しています。フィリピン旅行に来られた際に、もしフィリピン人で賑わっているローカル食堂を見かけたら、1食だけでも試してみませんか?

フィリピンがより身近に感じられるかもしれません。おすすめです^^(衛生面だけお気をつけください。でも、イメージしているより全然キレイな店が多いですよ)

↓ブログ村ランキングに参加しています。励みになるので、下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。変なサイトには飛ばないので、安心してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村

-フィリピン, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.