アジア フィリピン 旅のブログ

イロコス料理のダークホース!やみつき牛スープ「シナングラオ」

投稿日:2019-08-17 更新日:

更新が数日空いてしまいましたが、リアルタイムではバギオから北東へ5~6時間行ったバナウェから更に先、絶景の棚田と滝、それに昔ながらの農村風景を楽しめるバタッドへ行っていました。なにせ電波の届かない村なので、はからずもデジタル・デトックス!新鮮な気分でこれを書いています。


ブログ村ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると、ポイントが上がる仕組みです。ブログを続ける励みになるので、1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑このバナーです。怪しいサイトには飛びませんので、ご安心ください↑↑↑

にほんブログ村


勝手にフィリピン三大牛スープ認定!

これまで当ブログでは「やっぱりパレスは最強なんじゃないか(過去記事)」と、前のめりにパレスを推してまいりました。

過去ご紹介したパレス。見た目はアレだけど安くて美味い!

それとタガイタイで食べたブラロ(過去記事)。これもかなり美味しかったけど、ここまでは、

フィリピンには、そういう美味しい料理がありますよ。

という位置づけでした。ところが、今回ビガンで食べた新たな牛スープ料理シナングラオ(Shinanglaw/Shinanglao)。強烈なインパクトを受けたこの料理が加わり、これだけ個性のある、しかも頭ひとつ抜けて美味しい牛スープが3つも揃ったということは、

つまり、牛スープはフィリピン料理の神髄といっても過言ではない!

のではないかと思ってしまうのです。そして、

パレス、ブラロ、シナングラオを勝手にフィリピン3大牛スープ料理と認定いたします(きっぱり)

うん。まだ他にも美味しい牛スープがありそうですが、まぁいっか。どなたか知ってたら教えてください!

タガイタイで食べたブラロ。牛骨髄が入った端正かつリッチなスープです。

フィリピンで牛スープ料理が発達しているとしたらこれは実は不思議なことで、もともと世界は、

農耕文化と牧畜文化の2つに分けられました。

フィリピンはもちろん農耕文化。なので乳製品は浸透していません。主にアジア圏に広がる稲作主圏の農耕民族にとって、牛や水牛は農作業の補助の為に飼うもので、使役に耐えなくなったときに食べるだけというのが通常。これはタイやラオスも同様です(日本も同様。四つ足を食べないという別の事情もありましたが)。フィリピンでも、肉と言えば鶏、豚が主体。

それなのに何故、こんなにも牛の扱いが上手になったのか。

それもスープに特化して。ということです。これが、スペイン料理やアメリカっぽい料理だったら分かり易いのですが、うーん何故だろう・・・。前置きが長くなりましたが、ようやくシナングラオについてです。

シナングラオの名店、FIRST Sinanglaoan

※前回の記事で料理名を「シナングラオアン」と書いてしまいましたが、料理名はシナングラオのようです。お詫びして訂正いたします。

このお店、前に書いたようにビガンのクラフトビールのお店CALLE BREWERYで教えて貰いました。「イロコスらしい料理が食べたいんだよね」と言ったら、真っ先に挙がったのがこの店。

「朝7時には開いてて、午後には売り切れることもあるから行くなら早めにね」

と聞いては放っておけません。早速翌朝8時頃に行ってみると、

ほぼ満席。

しかも、並んでいます。

多分、この時間ビガンで一番混んでいる店な気がする。

とはいえ回転は悪くないので、15分ほど待つと順番がきました。

まずは鍋の前で具材を選びます。奥の鍋が具材用、手前がスープ。写ってませんが、更に手前にもう一つ鍋があるのですが、何用かよく分からない。ともあれ、具材です。

地元の人は口頭で注文しているけど、こっちは何が何だかさっぱり。

でも心配いりません。鍋をのぞき込んだら、店のおかあさんが具材をいくつか持ち上げて、

これがいいか?こっちのがいい?

と見せてくれるので、気に入ったのを指差せば良いだけ。この店には滞在中2回行って、それぞれ違う部位を楽しみました。スープ(シナングラオ)を受け取ったら、その脇にあるライスをトレイに乗せて、会計へ。

シナングラオ60ペソ、ライス10ペソで計70ペソ(148円)。

味とボリュームからいうと、激安です!

初回入れてもらったのはこの部位。スジ肉と精肉が混ざってる所で、スープが染みてめちゃ旨です。色の濃いゼリーみいたいなのは、牛の血を固めたもの。

血を食べるなんて!

という忌避感さえクリアすれば、実はクセもなくて食べ易い。

2回目訪問時は、精肉の塊をチョイスしました。

ナイフで切るとこんな感じ。味はしっかり沁みているけど、うっすらピンクが残っている煮具合。内臓系の具材もたくさん種類があって、ローカルの人にはそっちの方が人気だったりするようです。

値段に対してこんなに肉入れていいの?

と驚くほどの量ですが、

ともあれこの料理の本領はスープです。

正直最初の数口は、漢方を連想する苦味のようなクセがあります。食べ進めるにつれ、それがヤミツキ要素になって

スプーンが止まりません。

その頃にはもうクセなんて感じなくなっていて、後引く牛の旨味だけを夢中で楽しんでいました。フィリピンのスープ料理は、どれもご飯によく合うようにできていますが、これもまさにドンピシャ!

当然、こうなります。極上牛スープぶっかけめし!

好みで加える卓上調味料も特徴的。右は酢に小さな唐辛子を漬け込んだもので、よく見るやつ。スカン・イロコスを使っている(と思います)ので、旨味がしっかりです。

問題は左の、見るからに怪しい調味料。

ヘドロのような色合いで、全く美味しそうに見えません。

一瞬、見なかったことにしようかと思ったけど、そういう訳にもいきません。

いきなりは危険なので、まずはスプーンにひと垂らし、味を見ると、

うぇぇ、苦ぃ!爽やかさのかけらもない苦みです。

なるほど、これはいかん。ご飯の上の肉にひとふりして「シナングラオとの相性だけ確認したら、視界の外に封印しよう」と思って食べてみると、

あれ?苦くない。

確かめるのに、もうひと口。

いや、ちょっとだけ苦いけど、、、、う、うまい!!!

なんでしょう。これは魔法ですか?シナングラオと混ざると、エグみも苦味も中和されて、風味に変わるみたい。あとで調べたところこの調味料は

胆汁のソースだそうです。

胆汁!胆汁って料理に使いますか?いま日本語で「胆汁 料理」とググってみたけど、まったく出てきません。

この想像を超えた胆汁ソースには脱帽。

料理は奥が深いですね。老若男女みんな大好きシナングラオ。おそらくこのFIRST Sinanglaoanは、

ビガンでも数少ない(もしくは唯一の)行列ができる店。

もしかしたら最初の数口で感じたクセが、ダメな人もいるかもですが、ビガンに行ったらぜひトライしていただきたい、驚き料理です。行くときは早めの時間に!

別の店でもシナングラオ!

別の日に行ったこちらのKUBOVILLE。カフェの店員さんに教わったイロコス料理が美味しいお店です。

値段は安めだけど、ローカル感が薄い店内なので、観光客も入り易い。

ど・ローカルな食堂はちょっと気後れする、という人でも大丈夫そう。

ここのメニューに

MOUTH WATERING ILOCANO CUISINE

というカテゴリを発見!「よだれが出ちゃうイロカノ料理」という意味で良いでしょう。そしてこのカテゴリ内にシナングラオがあり、更に他にも牛スープ料理が載っています。メニュー名と説明をそのまま書くと、

シナングラオ:SINANGLAO(Beef Innards Stew with KAMIAS) 130ペソ

カミアスというのは、カタバミ科の木で、酸味のある果肉を料理に使うようです。それを使った牛内臓煮込みという説明書き。もうひとつが、

ピナパイタン:PINAPAITAN(Beef Innards Stew/Bitter Beef Soup) 75ペソ

苦いスープって書いてありますね。うーん、気になる。こういう時は、

両方いっちゃえ!

です。

これがKUBOVILLEのシナングラオ。FIRST Sinanglaoanと違って、大きな具材は入ってません。牛内臓の色んな部位が、小さめにカットされて入っています。

スープはここのも、かなり美味しい!

でもFIRST Shinanglaoanには一歩及ばず。そしてもう1つのスープPINAPAITAN。

この色はヤバイ!

と思ったら案の定、胆汁を加えて作ったスープでした。もともとヤギで作るこの料理、ヤギの代用で牛バージョンもあるとのこと。前述した胆汁調味料が中和されるマジックは、このスープには通用しません。

スープそのものが胆汁フレーバー(恐)

結局スープ半分ほどを残してしまいました。味が理由で完食できなかったのはフィリピン初。

敗北感に包まれながら退散します。

とはいえこのお店、メニューが豊富で各種シログや一品料理もあるので、おすすめです。

最終日の朝この店で食べた、イロコス名物のサラミみたいなソーセージ、ロンガニーサ。

他とひと味ちがってややジューシーな仕上がり。

美味しかったです。

新たに発見した牛スープ料理、シナングラオ。カミアスという実を使うことで、パレスやブラロとは全く違う特徴を生みだしています。FIRST Shianglaoanのは、

絶対また食べたい、驚きの逸品!

世界にはまだまだ、想像を超えた美味しさが沢山あるんだろうなあ。これからの旅がますます楽しみになってきました!


↓ブログ村ランキングへの応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-アジア, フィリピン, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.