フィリピン 旅のブログ

Pares最強説!豚の血ソースにも初挑戦。2019.5.19

投稿日:2019-05-28 更新日:

5月19日(日)、こちらの続きになります。

朝ごはんを食べたあとは、洗濯や身の回りのあれこれを片付けて昼ごはんに備えます。この日は生徒仲間4人で、学校から一番近い繁華街Pacitaまでパレス(Pares)を食べに行くのです!

笑っちゃうくらいの快晴!

マニラで食べて以来、すっかり魅力にはまってしまったパレス。学校の先生の多くがイチオシするパレス屋さんがPacitaにあると聞いては、試さずにはいられません。複数の店を比べることで、「やっぱりパレスは美味い!」となるのか、「あの店が美味しかっただけなんだ」となるか、勝負の分かれ目なのです。

iPhoneによると気温は34℃、そして体感温度は44℃

このくそ暑い真昼に、熱い牛スープを食うなんてアホじゃないのか。」

一瞬頭をよぎりましたが、一緒に行ってくれた皆さんの前ではオクビにも出しません。でも後でフィリピン人の先生に言われました。

「信じられない!なんで昼間に行ったの?」

KABAYAN PARESの「パレスいろいろ」

手前左のすだれが掛かっているのがお店です。屋台といえば屋台だけど、ちゃんと席があります。

マカティのチンピラ風のお兄さん(←失礼)と違って、こちらはお姉さんが丁寧に対応してくれます。ビニール袋が浮いているのは、デフォルトなんですね。

メニューを見ても良くわからないので、とりあえずライス付きのパレスを人数分と、お好みでビニール袋に入った追加具材も入れてもらいました。

見た目はマニラで食べたのより濁った感じだけど、一口啜って思いました。

やっぱりパレスは最強なんじゃないか。

牛骨と牛肉、牛脂から出るリッチなコク。とても贅沢なスープです。この店はご飯もちゃんとしていて、スープをかけて少し置くと味が染みて更に美味しくなります。

ビニール袋を持ち上げて見せてもらい、数種類の具材から選んだ追加トッピング。部位は分からなかったけど、ねっとりとしたゼラチン状の美味しいのがゴロゴロ。素のパレス(ライス付き)は40ペソ(85円)、追加具材を入れても+10ペソ。

この値段でこの味は、すさまじいコスパです。

実際、先生のなかでも何人かが、

「学生でお金がないとき毎日パレスを食べてた。安くて美味しくて大好き!」

お金がなくて毎日食べていたものを、今でも大好きと言える。まだそれほどフィリピン料理を食べてはいませんが、

それでもパレスは、フィリピン最強メニューのひとつじゃないかと思えます。

後日、先生と生徒でこの店に行くというので、便乗して再訪してきました。よくわからなかったメニューボードは、上に書いてあった6つ全てがパレスで、具材を選べる。なかでもフィリピン人先生のオススメは、

Utak(脳みそ)とSoup#5。 #5は「尻とタマタマ」です。

脳みそに挑戦。白子のような食感で、思ったより淡泊。トロっとしてスープによく合います。#5を注文した人からひと口貰って味見したらballの方もかなり旨い。

どちらもゲテモノ感は全くなく、純粋に美味しいです!

聞いてみると、やっぱり店によって当たりはずれはあるようですが、機会があったらぜひフィリピンでパレスを試してみてください。おすすめです!

ココナッツジュースも初体験。

パレス屋さんのすぐ後ろで、フレッシュココナッツのジュースを売っています。今まで飲む機会が無かったので、試してみました。

砂糖を足してるんでしょうか、かなり甘いけど爽やかで美味しい。1杯20ペソ(42円)です。

ちなみに、この店で使っている緑色の椰子はジュース用で、下の写真のような茶色い椰子はココナッツミルク用だそうです。

町に出たついでにショッピングモールで買い物していきます。

百均みたいな88ペソショップもあります。スーパーでは、

ピーナツが安い!この量で29ペソ(61円)って。

食べてみたら、ちょっと生っぽい。多分カレカレに使う料理用のピーナツでしょう。粒も大きいしっかりしたピーナツなので、これでバタピー作ったら、旨いだろうなぁ。ローカーボ的間食として、たまにポリポリ食べています。

学校に戻って解散したあとは、ひとり歩いてマッサージへ。全身マッサージ1時間208ペソ(441円)です。相場は1時間300-400ペソと聞いていたので、かなり安い。タイより更に安いです。施設も清潔で綺麗でした。

Bricxの豚の血ソース料理「ディヌグアン他」

夜は学校の料理人ニキおすすめの店Bricxへ。洋食も置いているきれいな店ですが、食べるならシシグとディヌグアンがいいよとのこと。

おすすめ通りの注文。Toney's SisigとCrispy Dinuguan。それにYang Chaoという黄色いチャーハンのようなものもオーダー。

シシグは安定の美味しさ。どこで食べてもいまの所ハズレが無い。

クリスピーディヌグアンは、豚の血を使ったソースを、カリカリに揚げた豚に和えてある料理でした。人によっては苦手かもしれないけれど、

血の鉄っぽい酸味が少しあって、濃厚な旨味があります。

東南アジアには血を使った料理がけっこうありますが、ディヌグアンもフィリピンでよく見かけるので、キワモノ扱いではなく定番料理のようです。1頭の家畜を余さず活用することで、全体のコストを安くできているなんてことも、あるのかもしれません。

一緒に行ったユニットメイトと2人、ドリンクを1杯ずつたのんで計720ペソ(1526円)。ちょっと贅沢なディナーになりました。

「フィリピン料理は美味しくない」

なんてことを言う人もいるようですが、少なくともわたしにとっては、

知れば知るほど、面白い。奥行きを持った料理だと感じます。

地方色の濃い料理文化なので、あちこち回って食べてみたいなあ。

↓ブログ村ランキングに参加しています。励みになるので、下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。変なサイトには飛びませんので、ご安心ください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村

-フィリピン, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.