アジア タイ 旅のブログ

【バンコク】ローカル食堂の超新鮮レバ刺しと、ソンブーンを超えると噂のプーパッポンカレー(蟹カレー)。

投稿日:2019-12-14 更新日:

前回に引き続き、松浦さんとAltechの岡部さんと行ったお店のご紹介です。岡部さんはプライベートでもかなり食べ歩いていて、バンコクのグルメ情報にかなり詳しい!いくつも教えていただいた店の中から今回は、

  • 鮮度抜群の生レバーが食べられる超有名なローカル店、ラーン・ラップ・ラップ。
  • ソンブーンより美味しいと噂のプーパッポンカレー、ソーントーン・ポーチャナ。

の2軒です!


ブログ村ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると、ポイントが上がる仕組みです。ブログを続ける励みになるので、1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑↑↑このバナーです。怪しいサイトには飛びませんので、ご安心ください

にほんブログ村


イサーン料理のローカル食堂で、超新鮮牛レバーが食べられる、ラーン・ラップ・ラップ。

最寄りのBTS線プラカノン駅から約3km、決して行きやすい場所ではないのですが、夜な夜なローカルに混じって日本人がやってくるお店が、このラーン・ラップ・ラップ。イサーン料理の他に、

美味しいレバ刺しが食べられることで有名なのです。

屋台のような店が集まった、半屋外のフードコートのような場所で、目当ての店は向かって左の一番奥です。

まずはLEOビールでカンパイし、早速レバ刺しを注文。

プリプリで見るからに鮮度が良さそう。

これが1皿なんと70THB(247円)!

メニューにRaw Beef Liver in Esarn Style と書いてありましたが、塩とごま油が付いてきました。日本人にはそうしているのでしょうか。

レバ刺しなんて、もう何年ぶりでしょう。O157問題から日本で生レバーが食べられなくなって、まさかバンコクで、

それもこんなに旨いのが食べられるとは!

臭みが一切ない新鮮さです。レバ刺しって、代用がきかない無二のおいしさだなぁと改めて感じました。

ビールとレバ刺しをおかわりして上機嫌な、松浦さん。

さらにこの店で美味しいのはレバ刺しだけじゃなくて、

海老の刺身120THB(424円)もかなりイケます。

丁寧に下処理された海老は、

透明感のある甘みが、新鮮な刺身ならではの美味しさ。

周りを見渡してみると、ローカルの皆さんは殆どのテーブルで鍋を囲んでいます。普段なら、ひとり飯なので諦めるところですが、今回は3人いるから鍋だっていけちゃう。

大きな土鍋には、透明な旨味タップリのスープが張ってあり、

メイン具材は、

豪快かつ綺麗に盛られた豚スライス

ポン酢が添えられて、何から何まで日本の鍋料理に近いのですが、ポン酢で食べるよりも、

この美味しいスープに、塩をひと摘みが一番おいしい!

お肉は煮過ぎないように、しゃぶしゃぶに近い要領で。大量にあったかに見えた具材も、飽きのこない味でいつの間にか完食です。何を食べてもレベルの高いお店なのでした。

※牛レバーには、約1割の確率で腸管出血性大腸菌が含まれています。これにあたるとかなり重い食中毒になることがあり、鮮度や衛生管理が十分であっても罹患する可能性があります。リスクを把握したうえで、自己判断・自己責任で楽しみましょう。

※お店は18時営業開始だそうです。

あの名店より美味い?プーパッポンカレーと海鮮料理の、ソーントーン・ポーチャナ。

タイ料理の中でも、とりわけ日本人のファンが多い、蟹と卵のカレーが、プーパッポンカレーです。そしてそのプーパッポンカレー発祥の店と言われているのが、以前このブログでもご紹介した超有名店の、ソンブーン。今回ご紹介するお店はAltechの岡部さんによると、「そのソンブーンよりも美味いと言う人もいる」とのことで、早速突撃です。

店頭には、大ぶりの蟹がたくさん。これは期待がもてそうです。まずはこれを食べてみてと、茹で海老をオーダーした岡部さん。

なんですか、これー!!!

20尾近くの大きな海老がすごい迫力です。殻をむいてソースにつけて食べると、この緑のソースがめちゃ旨です。本腰入れて海老に取り掛かろうとしたところに、頼んでいた料理が次々と運ばれてきました。

本日の目玉商品、プーパッポンカレー!

殻ごと叩き割った蟹がゴロゴロ入り、卵でマイルドになった味の深さがすごい。うーん、ソンブーンとどっちが上とかわからないですが、

めちゃくちゃ美味しい、絶品の蟹カレーです!

海老、蟹と続いて、

今度は牡蠣!

なんて贅沢なんでしょう。さらにさらに、

特大のシャコ!

こんな大きいの見たことないです。シャコはこっちでも高級品のようで、値段は時価。この日は30cmくらいあるこの1尾が900THB(3177円)と、

目ん玉飛び出るくらいのお値段。

シャコなんて寿司ネタでしか食べたことないですが、肉厚で海老とも違う食感。パリパリの衣がついていて、ビールが進む味です。

最後はトムヤンクン。以前このブログでご紹介した海老味噌たっぷりのやつじゃなくて、透明スープの辛いやつ。日本人にはこっちの方がいわゆるトムヤンクンのイメージに近いですね。

酸っぱ辛くて、同時に深い旨味。

胃袋を刺激してさらに食欲が湧いてきます。贅沢シーフードを散々食べ倒して、ビールもバンバン頼んで、お会計は3人で2760THB(9743円)。シャコがなければ1860THB(6566円)ですから、

かなりお値打ち!

バンコクで何人か集まるなら、ぜひまた来たいお店でした。

次回予告

観光をしないと決めた今回のバンコク滞在ですが、唯一行こうと思っていたのが、前回行き逃していた、

チャトチャック・ウィークエンドマーケット!

週末限定で15000以上もの店が集まっている、巨大週末市です。10数年前に一度行ったことがあるのですが、今は綺麗で洗練された、別物になっていると聞いていたのです。そして最大の目当ては買い物じゃなくて、

名物の巨大パエリア!

次回、チャトチャック・ウィークエンドマーケットを、パエリア中心(笑)でお送りします。


↓ブログ村ランキングへの応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-アジア, タイ, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.