アジア インドネシア 旅のブログ

ジャカルタ飯喰い倒れ(3) CNN曰く、世界で最も美味しい食べ物ルンダン。

投稿日:2019-09-17 更新日:

リアルタイムでは現在マレーシアのペナン島に来ています。直前まで知らなかったけど、ペナン島のジョージタウンは今、美食の街として有名だそうですよ。確かに街全体がフーディーな雰囲気でいっぱいで楽しいです。知らなったといえば、CNNの「世界で最も美味しい食べ物」

何年も前にマッサマンカレーが1位になりましたよね。

日本でもそれを機に、レトルトカレーが発売されたりして、一躍有名になりました。

写真がなくて文字だらけになっちゃうので、癒し系画像を入れてみました。

CNN1位と聞いては試さずにいられない!という気にさせられるし、このブログでご紹介したボロブドゥール寺院も、CNNの「驚くほど素晴らしい訪れるべき地球上の場所」1位で、確かに驚くほど素晴らしかった。それは間違いないのですが、

一方で誰が何をもって1位とか決められるんだろう。

と懐疑的に見ちゃうのも正直なところ。相反する複雑な気持ちにさせられるCNNランキングですが、

実はマッサマンカレーは取り消され、代わりにインドネシア料理のルンダンが1位になっていたって、知っていました!?

CNN TRAVELのHP(英語ですが簡単に経緯を説明しています)

ゴハンください。

フェイスブックで投票して決め直したそうですが、投票数は意外と少ない35,000票。その結果、マッサマンカレーにとって代わり、ルンダンが1位になったそうです。

知らなかった!というかルンダンって何?

という方が大半だと思いますが、西スマトラのパダン料理のひとつで、牛肉をココナッツに煮込んだ肉料理です。今回はそんなルンダンを含む、パダン料理からスタートします!


ブログ村ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただけると、ポイントが上がる仕組みです。ブログを続ける励みになるので、1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑このバナーです。怪しいサイトには飛びませんので、ご安心ください↑↑↑

にほんブログ村


ジョグジャ飯⑤ ただ今ブレイク中のローカル屋台 Lapau Nasi Jaya!

新しい街に行くと度にその街で食すべきもの、行くべき店を調べるのですが、SNSも情報収集には欠かせない手段。フォローしている方、フォロワーの皆さまからは生きた良い情報をいただいているのですが、ここもそうして知ったお店。

どうやら現地のメディアか何かで紹介されて一躍ブレイクしているローカル屋台とのよし。

分かったような分からないような話ですが、これ以上の情報はインドネシア語なのでチンプンカンプン。

でも行く価値がありそうな良い匂いがします。

金曜の19:20、さすが人気店だけあってオーダー待ちのお客さんが溢れています。道の両側にずらりと並んだ席も、9割以上は埋まっている。

オーダーする場所には30種類以上の料理がどんっと並んでいます。店の人が皿にご飯をよそって、お客があれ、これと指定しながらご飯の上に盛り込んでいってもらう仕組みみたい。

とはいえ、どの料理がなんだか全然わからない(泣)

英語は一切通じません。仕方がないのでgoogle翻訳で

あなたのお奨めでお願いします。

と入れて見せると、いくつかの料理を指差してくれたので、その中から数品をピックアップ。お会計は?とジェスチャーで伝えると、

いいから先に食え(多分そう言っている)

選んだ5品にサービスなのか2品追加され、てんこ盛りの皿を持ってなんとか空いている席を見つけると、まだ高校生くらいの男の子がドリンクオーダーを聞きに来ました。英語でアイスティーをオーダーすると、

うゎ、この人ガイジンじゃん。お前行けよ。やだよお前がオーダーとって来いよ。

客を前に押し付け合いが始まりました。キャッキャ言っているので嫌な感じではないのですが、外国人慣れしていないこの雰囲気、

今回のジャカルタで一番ローカル感があります。

まわりを見渡すと、

見る限りすべてのお客さんが手食。

なるほど・・・。高校生の彼が気を使って、フィンガーボウルに加えてスプーンとフォークも用意してくれました。なるほどなるほど。どちらでも対応できるように選択をゆだねておいて、

こちらの覚悟を試しているな(←自意識過剰)

もちろん1歩も引けないこの状況、迷わず手食です。

お見苦しい写真ですみません。でも手で食べると、1割増しくらいで美味しく感じます。そして肉も魚も、海老も玉子焼きも茹で玉子も(←あ、玉子かぶってた)

それぞれきちんと違う調理をしていて、バラエティが素晴らしい。

そして最後に数種の料理の汁を白飯にごちゃまぜにぶっかけた部分が、

絶妙なカレーソースのようでメチャ旨!!

おかずの中では、サービスで付いた唐辛子の炒め煮のようなものと、メインの牛肉のソースが美味い!より正確にお伝えすると、

牛肉は固いけど、それを包んでいる濃厚ソースが美味い!

ドロリとしたペースト状で、甘味に負けない力強い旨味です。冒頭の写真の猫にほだされて、魚はあげたけど、牛肉は死守しました。

この子です。

腹12分目でお会計をお願いすると、さっきの男の子が暫く逡巡した上で、21K(158円)と。何も言わずに払ったのですが、オカズの内容とか数とか、絶対把握してないはず。

適当に言ったか、一律料金なのか。

分からなくなっちゃって損してないかと、心配になりました。

ジャカルタ飯⑥ 西スマトラ・パダン料理の名店 Natrabu Minang Restaurant

先にご紹介したLapau Nasi Jaya。結局何の料理だか全くわからずにモヤモヤしたので、写真に写っている情報をもとにいろいろ調べていると、どうやらあれは

西スマトラのパダン料理だったらしい。

とわかりました。そして肉は固いけどソースが美味しいと言っていた牛肉料理が、

CNNが世界イチ美味しいと発表したルンダン/Rendangでした。

Lapau Nasi Jayaは確かに勢いのある美味しい屋台だったけど、あれが世界一と言われると首をかしげる。じゃあ!ということでgoogleに「ジャカルタ パダン料理 名店」と打ち込んで出てきたなかから行ったのが、このナトラブ/Natrabuです。

老舗の名店らしく、広くて清潔な店内。パダン料理のレストランには特徴的なシステムがあって、

料理を勝手に持ってくる。食べた分だけお会計。

という、オーダーをする必要がない仕組みになっています。下調べしておいてよかったです。

ややボケですみません。

料理は全て出来合いなので、着席して間もなく一気に運ばれてきます。

おひとり様の食卓としては、異常事態です。

にわかにフードファイトの様相ですが、そこは焦らず1品1品味わっていきます。まずは何といってもルンダン!

卵よりひと回り大きい牛肉が2つ、ぽってりとしたソースに包まれています。ほの暖かい牛肉は、前述の屋台に比べると固くはないけれど、赤身がギュっと締まった噛み応え。そして肝心のソースは、たくさんのスパイス、ハーブ、香味野菜をココナッツミルクがマイルドにまとめ、

渾然一体の濃厚ソース

に仕上がっています。標準レシピで使われる材料は、生姜とそれに似たガランガル。コブミカンの葉にレモングラスといったハーブ。クミン、クローブ、カルダモンといったスパイス。そしておそらくコクを出すのに一役買っているキャンドルナッツ。

結局ペース配分も考えず2個とも食べてしまいました。

その他全部紹介すると大変な量なので、特に美味しかったものをピックアップすると

揚げた魚にかかっている

タップリ唐辛子のサンバルが激旨!

もちろん辛いけど見た目ほどじゃなく、爽やかな酸味が後をひきます。

キャッサバの葉は、ほろ苦さと甘味が良いバランスで、口直しにぴったり。

クリーミーなソースに柔らかく煮上げたイカは

シーフードカレーだと思ったらかなり完成度が高い。

この唐辛子は激辛だけど、足すだけで

どの料理もぐっと美味しくなります。

食べてる途中に「アボガドジュース飲まないか?」と言ってきたのでお奨めならと貰ってみたら、

超絶濃厚。

ますます胃袋を圧迫します。それでも結局、全ての料理に手をつけて、全体の7割まで食べたところでギブアップ!お会計をお願いすると

食べた分をカウントしていって締めてお会計は

255.255Kという超細かい金額。

日本円で1914円とさすが高級レストランな金額ですが、ゆうに2人前は食べていることを考えると客単価1000円位でしょうか。全体として充分満足できる内容だったけれど、

ルンダンはさすがに世界イチまではいきません。

CNNのサイトにはお肉がやわらかいと書いてあるので、やっぱり食べる場所、作る人で違うのかもしれません。

結論は本場パダンで食ってから言え。

ということでしょうか。

ジャカルタ飯⑦ みんな大好きナシ・ウドゥ@Nasi Uduk Kakek H. Suryadi

続いてはパダン料理から離れて、お米料理のナシ・ウドゥ/Nasi Uduk。ジャカルタに元から住んでいたブタウィの人々の料理ということです。ブタウィは、前々回にご紹介した牛スープのソト・ブタウィ/Soto Betawiでも出てきましたが、ブタウィ=バタビアのことだそうです。

おお、バタビアは歴史で習った気がする!

なかなかローカル感のある店内で、おかずは出来合いのものから選び

“仕上げ揚げ”をしてもらうスタイル。

見た目あんまり、おいしそうに見えません(汗)

でも大丈夫。ふつうに美味しく食べられます。

鶏とテンペ、豆腐をチョイス。テンペは毎度安定の美味しさです。

そしてこれが本命のナシ・ウドゥ。

またもや食べた分だけ払うシステムです。

ナシ・ウドゥというのは、ココナッツミルクを使った炊き込みご飯。レモングラスやベイリーフ、パンダンリーフなんかのハーブを使っているので、

包んである葉っぱを開くと、

良い香りがふわりと立ち上がります。

この店では提供前に葉っぱごと焼いているようで、香りがよく立っている気がします。ごはん自体にうっすら塩気があって、そのまま食べても美味しい!そしてココナッツミルクのミルキーさが、

なんとも優しい、心なごむ味です。

ご飯2個でお腹いっぱいになってしまったけど、気持ちとしてはもっと食べたい。おかずを減らしてご飯増やせばよかった、と思うくらいお気に入りになりました。

次回予告

次でジャカルタ・グルメも最終回!ながながお付き合いいただいて恐縮ですが、最後も3本立ての予定です。

  • ローカルに大人気のヤギのナシゴレン
  • 日本人街ブロックMに現れる、夜限定の屋台街
  • ジャカルタでもできる!餃子とビール

↓ブログ村ランキングへの応援クリック、よろしくお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-アジア, インドネシア, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.