フィリピン 旅のブログ

1泊2日のマニラ・カジノチャレンジ【前編】

投稿日:2019-07-02 更新日:

6月29・30日の土日、このブログにも以前登場した前職の先輩、松浦さんがフィリピンにやってくるので合流します。今回のメインターゲットはCASINO遊びですが、このブログではご飯や移動の話を中心に書いていきたいと思います。

パシータのローカル食堂街「FOOD COURT」に初挑戦!

学校からトライシクルで10分の所にある町、パシータ(Pacita)。ここからバスに乗ってマニラへ移動するのですが、その前に腹ごしらえの朝ごはんです。

10軒ほどのローカル食堂が入っていて、所謂フードコートのように買ったご飯を共用テーブルで食べることができます。

以前、夜に覗いたときは料理も少なく美味しそうに見えずパスしたこの食堂街、朝に来てみたら各店10~20種類の料理をずらーっと並べています。肉・魚・野菜の総菜がこれだけ揃っていて、

それでも食欲センサーが反応しないのは、なんででしょう。

多分、鍋を振ったり料理をしているライブ感が無いからですね。しかし今回は、それでもここで食べるのです。

美味しそうに見えるものだけ食べてたら、美味しいものを食べ逃すかもしれないじゃないですか。

フィリピンに来てもう3か月、えり好みをせず新しい味に挑戦すべき頃合いです。

店々を入念にチェックして、料理に彩りを感じるこちらのお店をチョイス。店の人も感じが良く、客の入りも多いお店です。

以前食べたライン(芋の葉のココナッツミルク煮)がありました。これはご飯に合うんですよね。その奥にあるイカの煮たのももらって、

即席お好み定食の完成です。

スープもつけて全部で80ペソ(170円)。

フィリピンの感覚からいっても、なかなか安い。

イカは胴長5cmくらいの小ぶりなもの。柔らかく炊かれていて、味付けも日本人の口に合う醤油ベースです。これがアツアツだったら、かなり美味しいかも。

ガビは以前Paw's Ihaw Ihawで食べたとき(こちらの記事を参照)に

ヘドロのようなぐちゃぐちゃな何か。

と表現しましたが、グチャグチャ度はこちらの方が上を行きます。味もPaw'sほどのクオリティではないけれど、独特の穏やかな苦みがクセになって、ご飯がすすみます。

ちょっと盛りが良すぎて持て余しましたが、勢いをつけて完食。

安いし、不味くはないし、全然食べられるけど、

「美味しー!また来たい」ってほどでもない。

すっごく普通のこういう店々が、ローカルにとっての標準水準を推測するのに参考になります。

食事はともかく、おとなしくて可愛い子猫が居ついていて、久しぶりに猫萌えを楽しめました。

お昼はマカティのセブ・レチョン!

松浦さんと合流しての昼食は、フィリピン英語学校に入る前に一度来たTatang's Extra Crispy Boneless Cebu Lechonへ(前回の記事

レチョンは本来豚の丸焼きですが、この店のように肉の一部を固まりで焼くやり方もあるようです。Bonelessなので骨がなくて食べやすい。

前回はノーマルテイストだったので、今回はスパイシーをチョイス。

相変わらずパリパリになった皮と、ジューシーな肉の対比が素晴らしい。

唐辛子とニンニクでパンチが効いて、こっちの味も完成度が高いです。松浦さんにも満足していただけたようで、よかった。

カジノ勝負1日目。

お昼の後は、glabで移動してカジノへ。とりあえず規模の大きなソレア(solaire resort & casino)へ向かいます。中国人が圧倒的に多いマカオと違って、ここは色んな国から来ている印象。でも意外と一番多いのはフィリピン人のような気がします。

毎ゲーム数万ペソをバンバン賭けているフィリピン人のおばちゃんとかもいます。

持っている人は、持っているんですね。そしてフィリピンカジノの素晴らしい所は、

ディーラーのホスピタリティがすっごく高いこと。

笑顔が素敵でフレンドリーなディーラーが沢山います。勝っても負けても、気持ちよく遊べますね。

いや、負けちゃあだめです。

ソレアではバカラから始めて珍しく浮きでスタートしたものの、ルーレットが良い所無しでマイナスで終了。

流れを変えようと、タクシーでリゾーツ・ワールド・マニラ(Resorts World Manira) へ移動します。規模はソレアより若干小さいものの、ブランドショップやレストラン街もあって、カジノ以外も楽しめる施設です。

こちらでも、勝ったり負けたりしながら勝負所で手が来ず、マイナスを増やしてしまいましたが、明日に余力を残して終了。再びタクシーに乗って、ホテルのあるマカティへ戻ります。

絶品イカ墨パエリアのスペイン料理店Alba

以前フィリピンに来た時に、松浦さんに連れて行ってもらったアルバ(Alba)。日本人にも大人気の美味しいスペイン料理屋さんです。

各種パエリアにアヒージョ、生ハム、タパス等々、定番のスペイン料理が揃っていて、これまで何を頼んでもハズレがない良店です。その中でも特に美味しいのが、こちら。

イカ墨を使った「パエリア・ネグロ」です。

スペインやイタリアで見るようなプリっとした食感のお米が、絶妙なアルデンテに仕上がっています。

イカ墨のコクがプラスされて、

すごく濃厚なのに、食べ飽きしない絶妙加減。

パエリアは今の所マドリッドで1回と日本で食べた経験しかありませんが、

今の所、ダントツの暫定1位です。

マッシュルームのグリルはビールにぴったり。

牛の胃もトマトベースのソースでこっくりと煮込まれていて美味。

誕生日が近かったということで、松浦さんにゴチになりました。

ありがとうございます!めちゃくちゃ美味かったです。

フィリピン料理も美味しいけれど、スペイン統治時代を経て美味しいスペイン料理も楽しめるフィリピン。イカ墨パエリアぜひ、お試しください。

この後は軽くマッサージに行って終了。明日のカジノ再戦に備えました!(後編へ続く)

↓ブログ村ランキングに参加しています。励みになるので、下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。変なサイトには飛びませんのでご安心ください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村

-フィリピン, 旅のブログ

Copyright© 世界一周 めし旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.